基本方針

  1. 反社会的勢力との関係遮断
    反社会的勢力との取引は一切行いません。また、反社会的勢力から不当要求、組織暴力及び犯罪行為(以下「不当要求等」と言う)があった場合には、毅然と対応し、これを拒絶します。
  2. 組織としての対応
    反社会的勢力からの不当要求等には、役員以下、組織全体で対応します。
  3. 裏取引や資金提供の禁止
    反社会的勢力との裏取引には応じません。また、反社会的勢力に対する資金提供は行いません。
  4. 外部専門機関との連携
    反社会的勢力を排除するために、平素から警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関(以下「外部専門機関」と言う)と綿密に連携します。
  5. 有事における民事と刑事の法的対応
    反社会的勢力との取引は一切行いません。また、反社会的勢力から不当要求、組織暴力及び犯罪行為(以下「不当要求等」と言う)があった場合には、毅然と対応し、これを拒絶します。

対応態勢の整備

  1. 担当部署及び担当者の設置
    グループ内に反社会的勢力への対応を統括する担当部署及び担当者を設置し、反社会的勢力による不当要求等があった場合には、現場から直ちに担当部署に報告する体制を整備しています。
  2. 関係の遮断
    万一、相手方が反社会的勢力であることを知らずに関係を有した場合には、認識した時点で速やかに関係を解消、遮断します。
  3. 不当要求等への対応
    反社会的勢力からの不当要求等に対しては、担当部署は現場及び外部専門機関と連携して対応します。
  4. 対応態勢の維持、向上のための取り組み
    反社会的勢力への対応態勢の維持向上のため、定期的にその実効性・適切性を検証し、必要に応じて見直しを行います。
  5. 継続的な研修活動の実施
    反社会的勢力へ適切な対応を行うため、役員、従業員等に対する教育を実施します。