地球を思い、家族を思い、未来の街を想う。
ウッドフレンズは地球環境にやさしいCO2循環を考えた住宅生産のサイクルを考えています。
地域産材を積極的に利用した岐阜工場(プレカット工場と集成材工場)が生産を開始しました。
ウッドフレンズは可能な限り地域産構造材を利用した住宅を目指します。

森の工場

地球環境

樹木は成長期ほど大気中のCO2を吸収し、樹幹内に固定します。成熟して伐採・製材され、住宅や家具となった木材は、吸収した炭素を長期的に貯蔵し、CO2を排出することはありません。そのため計画的な植樹と伐採が、CO2の効果的な削減につながり、森林の再生・育成にも役立ちます。また、木は太陽エネルギーや水など、自然界にあるもので成長するため、製造エネルギーも少なく永久的な資源として活用できます。

地域環境

日本の国土の約70%は森林です。しかし近年は輸入材が増加し、日本の森林は放置状態。計画的に木材や資源として活用し、森林の役割を活かすことが必要です。ウッドフレンズでは、地域産材を積極的に利用し、日本の林業を活性化させたいと思っています。林業が活性化すれば地域も潤い、豊かな暮らしが叶います。さらに国産材は、輸入材に比べ輸送エネルギーを大幅に削減でき、それに伴いCO2の排出量も軽減。環境にも貢献します。

住環境

木造住宅は環境だけでなく、人にもやさしい住まいです。木が持つ調湿効果や、光を和らげ、音を吸収するなどのリラックス効果は、毎日の暮らしにゆとりをもたらします。さらに熱伝導率が低く、夏涼しく冬あたたかい快適な住環境が生まれます。 また集成材は、節や目切れなどを除いた良質な部分のみを使用することで、品質や強さにムラのない安定した強さを発揮。いつまでも安心して暮らせる環境を実現します。