情報開示の基本方針

株主・投資家の皆さまに、公正かつ公平な情報を正確に提供することを基本方針としており、金融商品取引法等の関係法令および東京証券取引所の適時開示規則に則り、適時適切な情報開示に努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に基づく開示事項に該当する情報は、適時開示情報伝達システム(TDnet)を通して開示するとともに、その後速やかに同一資料を当社のホームページに掲載いたします。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌営業日から決算発表日までを「沈黙期間」と定め、決算に関するお問合せの回答やコメント等を控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は適時開示規則に基づき、開示いたします。

将来の見通しについて

当社が開示する将来の見通し・事業戦略等についても適宜情報開示を行ってまいりますが、それらの情報については、策定時点においての経済状況等を前提としており、前提の変化等により見通しと異なる結果となる可能性があります。