継続的に誇りとやりがいを持って、未来を創造

株主の皆さまにおかれましては、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
当社第36期連結累計期間(平成29年6月1日から平成30年5月31日まで)の事業概要をご報告するにあたり、ご挨拶申し上げます。

当社の主力事業である名古屋圏の分譲住宅事業における状況は、他地域からの新規参入と地場業者の積極展開により、戸建分譲住宅の着工数が高水準で推移を続けております。一方で、2020年頃から住宅着工は緩やかに減少していくことが予測されています。今後は市場での淘汰が進み、生存をかけた競争が一層激しくなるものと予想しております。
このような状況下、当社は製造小売を目指し、木造住宅生産の工業化をテーマに建築資材の開発や設計・施工の生産性向上を進めております。同時に、用地仕入体制の強化とITを活用した販売効率の向上に努めてまいりました。当期はこれらの施策が価格競争力や販売競争力において効果を生み出しました。今後も住宅の商品力を高め、販売効率の向上と利益改善を進めてまいります。

今後住宅着工の減少が予測される中、当社は住宅事業において市場シェアを伸ばし、今まで以上に量的生産によるメリットが発揮できるポジションを確保することを目指します。原材料からの垂直的生産を進め、商品供給体制の増強と新商品開発・流通を実現するため、更なる投資を実行してまいります。
一方で、木造技術を核とした新しい事業分野の開拓を積極的に進め、木造技術を利用した余暇に関する新規事業の立ち上げを予定しております。ITの積極活用と生産性向上を進め、適正労働・働き方改革にも積極的に取り組み、企業間競争を勝ち抜いていく所存です。

当社はこれから10年後、20年後も地域社会で生活文化の向上に貢献するため、新しい消費価値を提供できる会社にしていくことを目指し、社員一人ひとりが誇りとやりがいを持って、継続的に未来を創造できる会社にしていきたいと考えております。
そして、長期的な企業価値の向上を目指してまいります。

株主の皆さまにおかれましては、これまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2018年8月
代表取締役 前田和彦